衆愚政治

 昔、巻原発の反対運動のお手伝いをしていた時、「衆愚政治」「衆愚」って言葉を始めて聴いた。
つまりはマスコミや世論やプロパガンダに揺動された愚かな民衆が、物事の本質について知ることなく、多数決の「いわゆる民主主義」で世の中を動かそうと奔走する事・・・と、いうような意味と当時受け止めたかな~?
私たちの活動を「衆愚政治」と呼んだのは、時の原発推進派の親分だった。

 時は動いて福島の事故や、未だに廃棄物の処理場が決まらなく、たまり続ける汚染水や高レベル放射性廃棄物、原発を作らせた人達と私達反対派、一体どっちが愚衆だったのでしょー?

 そして今、安保法案については?
え??私はもともと右翼的な人間ですから!!

 身近に迫り来ている他国の侵略の恐怖、交渉だけで平和が守られるなら、そんなに嬉しい事はないと思うよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林 一弘

Author:小林 一弘
昭和38年生まれの52歳。毎日が「理科の実験」チャレンジの日々です。スペースギア大好き!

我が家のHP↓
小林園芸HPへGO!


嫁ブログ↓ 本日は、晴天なり~
   嫁ブログへじゃんぷ♪

カウンター
最近の記事
最近のコメント
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

     何のランキングさ?
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ