告白

 この半年間、あまりにリアルでしんどくてブログやFBに記事にするなんて、全く考えられなかった事件をここに来てようやく告白しちゃいます。

2人兄弟の私の弟・・・6歳下だから43歳。 
春先から心筋症が悪化して急遽入院。
若い頃から不整脈等が見られたもののこれまで治療等は行ってこなかったらしい。
健康診断でも以前から指摘されたはいたが、特に手は打ってこなかった。
もっとも、高校時代はラグビー選手で地元高校から、花園全国大会へ出場したこともある体育会系人間だから、体力等には自信があったであろう。

心筋症・・・これは決して良くなる事の無い病気だそうで、心臓移植しか生き延びる道は無いのだそう。

43歳、既婚、子供は中学生と小学生・・・まだまだあの世へ行くわけには行かない年齢。

心臓移植で命を永らえるためには、費用的には今後4000万円!!!が必要とか!
私も家族も田んぼを売って費用を捻出するしか方法は無いと思って段取りしてみたものの、今時この辺の田んぼなんてほとんど金銭的な価値は無いに等しいそう。

家族・親戚皆で暗澹たる気持ちで、臓器移植準備のため東大病院への転院へ送り出したのが、この五月のこと。
費用面のお話・・・心臓移植に伴う各種治療には現在ではほとんど健康保険でまかなう事が出来るようになり、大幅に患者家族の負担が軽減されると同時に、東大病院で療養・投薬治療を進めるうちに、移植を受けなくても良くなるかもしれない!!つまり!!投薬と通院で命を永らえる事が出来るかもしれない!!!可能性が出てきて、その話を聴いたのが先月だったか??

弟が新潟大学病院へ半年前に入院して以来、お袋なんてほとんど半狂乱状態・・・
親父からも笑顔が消え、皆が迫り来る計り知れない恐怖に恐れおののいていた感じ。

そして!! 何と!!!!

明日13日!! 弟は東大病院から無事に退院してきます!

東大病院へ移ってからの療養・投薬治療が弟の身体に上向きな元気さを与えてくれたようで、とりあえずは心臓移植はせずに地元新潟での通院治療でOKでしょう!!!との診断が出ました。

もちろん、具合が悪くなるような事があるなら、すぐに東大病院へ逆戻り!また臓器移植を待ち望む深く暗いしんどい道のりへ舞い戻らねばならないでしょう。

酒・タバコはもちろんやめて、食べ物も精一杯摂生して命を大切にしてくれよ。

親父もお袋も最近は少しは笑顔が見られるようになり、精神的にも元通りに戻りつつあるようだ。
病気は家族・親戚みんなを不幸にしていく・・・私が数年前にそれに気づかされて手を打つ事が出来たように、弟にももちろん強力に働きかけていく。

本当にこの件に関してご心配・ご協力・ご尽力いただいた皆様には、心より感謝の気持ちをお伝えするのと同時に、今後もご指導・ご協力をいただけるものであれば家族一同幸せでございます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小林 一弘

Author:小林 一弘
昭和38年生まれの52歳。毎日が「理科の実験」チャレンジの日々です。スペースギア大好き!

我が家のHP↓
小林園芸HPへGO!


嫁ブログ↓ 本日は、晴天なり~
   嫁ブログへじゃんぷ♪

カウンター
最近の記事
最近のコメント
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

     何のランキングさ?
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ